ジオロケーターに関するお願い

リトルターン・プロジェクトでは鳥類保護連盟、水鳥研究会と共同してコアジサシの渡りルートを解明する研究を行っています(詳細はこちら)。この研究にはみなさまの協力が不可欠となりますので、是非ご協力ください!

コアジサシの渡りルートを調べる!

Australia-Asia Little Tern Sterna albifrons Geolocator Project

 コアジサシfig1.pngの渡りについては、シリアル番号が刻印されたリングや、野外でも視認できる標識を脚に取り付けることで、オーストラリアやニュージーランドと行き来していることが明らかになっています。しかし、どこを通り、どこを中継地としながら渡っているかまでは分かっていません。コアジサシのように北半球と南半球にまたがり数千キロも移動する種にとっては、好条件の中継地の存在はエネルギー補給のためにも不可欠で、繁殖地や越冬地と同じく保全していかなくてはならない場所です。

 私たちはコアジサシの保全を目的とし、ジオロケーターを使ってコアジサシの渡りルートを調べるプロジェクトを立ち上げました。コアジサシのサイズと生態から、使用可能な最小のものを検討し、取り付け用のフラッグ込みで1.2g まで軽量化しました。この重さは、一般的に言われている装着可能な基準値、体重の4%を下回っています。これを2013年の繁殖期に、関西国際空港、天竜川、東京湾、千葉県から茨城県にかけての海岸線において100 羽に装着、放鳥しました。来年度以降データ回収できれば、その結果を受けてアジア・オセアニア地域のコアジサシの渡りルートについて解明し、重要な中継地などを啓発していきたいと思います。

fig2.pngfig3.png

装着個体の情報提供にご協力をお願いします!
 2014 年以降、データを回収するために装着個体を再捕獲し
なければなりません。見かけた方はご連絡をお願い致します。

ご連絡・問い合わせ先
(公財)日本鳥類保護連盟 藤井 幹
TEL: 03-5378-5691 e-mail: fujii★jspb.org (★を@に変えてください)

fig4.png

(公財)日本鳥類保護連盟
NPO 法人リトルターン・プロジェクト
水鳥研究会